社員メッセージ

静岡支店
チーフ
業務系システムの開発・保守
O.K.さん
2016年入社 理工学部

--- ハイテクシステム志望理由について

大学時代、音に関する研究を行っており、電子回路とマイコンのプログラムについて知識を身に付けました。欲張りですが、この両方の知識・経験を活かしつつも、それ以外の仕事もしたい…。そう思っていたとき、学内説明会に出展していたハイテクシステムの説明を聞き、様々な仕事が出来るという点が自分に合っていると感じたため、志望しました。

--- 現在の業務について

主に2つの業務を行っています。1つ目は、お客様の職場で使用される各種帳票の電子承認化です。帳票を紙で運用する場合、拠点間を跨ぐような帳票においては、郵送で時間を取られたり、承認者が出張で不在であったりして、承認までに時間が掛かります。また、外に持ち出した場合は、紛失や情報漏えいのリスクもあります。電子承認化することによって、そのような手間・リスクを削減することが目的です。また、ペーパーレスの一環ともなっています。
2つ目は、業務系システムの開発・保守です。お客様の仕事を円滑に・効率的に実施して頂くためのシステムを開発しています。より品質の高いプログラムを作成するためにも、単にプログラムを組むだけでなく、システムの業務知識を身に付けることが必要になってきます。お客様と積極的にコミュニケーションを図り、よりお客様の要望に沿ったシステムが作成できるよう心がけています。

--- ハイテクシステムの魅力とは

社員同士の仲の良さだと思います。普段は各々客先にて業務を行っているため、なかなか全員が集まる機会はありませんが、新人歓迎会や忘年会などの全員が集う場では、役職に関係なく、和気藹々とした雰囲気で会話を楽しんでいます。
また、ハイテクシステムの取引先には様々な業種があり、幅広い仕事が出来ることも魅力的です。Web系の仕事も、組込み系の仕事も、希望次第で様々な業種の仕事が出来ますし、その要望に可能な限り応えて頂ける仕組みも整っています。

--- 入社して良かったこと。やりがいを感じていること。

入社して良かったと思っていることは、システムの裏側の仕組みを知ることが出来たことです。インターネットが普及し、SNSからゲームまで様々なネットワークサービスが存在している今、「このシステムは一体どのような作りで出来ているのか」 ということが日々気になっていました。入社以来、自分でプログラムを作成しているうちに次第に仕組みが分かるようになり、より一層プログラムに興味が沸くようになりました。
やりがいを感じる点としては、やはり、設計から携わっているプロジェクトが完遂できたときです。1つのシステムを、プロジェクトメンバーで協力し合いながら作り上げていき、テストを経てお客様に引き渡す際、「いいね、これ」などと言って頂けた時は、それまでの疲れが一気に吹き飛びます。

--- 大変だなと感じたこと。それをどのように克服したか。

これはプログラムを作成する人にとっては永遠の課題ですが、プログラムを作成している時に発覚するバグの解消です。入社当初はバグが発生した時にはまず焦り、何が何だか分からないままにプログラムを修正すると、さらに別のバグを発生させてしまうことも多くありました。また、原因が分からずにずっと考え込んでしまうこともありました。
これを克服するためには、「経験者に聞く」。これに限ります。参考書をめくるのもいいですが、どうしてもその場しのぎの対応になりかねません。一度理解してしまえば、次に同じバグが発生した時には原因が分かるので、素早い対応が可能になってきます。バグはどんどん出して解決し、自分の糧としていくことが、結果としてバグの克服に繋がってくると思っています。
今では、自分がプログラミングで使用する言語については、バグが発生しても迅速に原因を究明することができるようになりました。

--- 印象に残っている仕事

初めて新規システムの開発を担当したプロジェクトです。それまでは既存のシステムに対して、新機能を追加したり、機能の修正をしたりという仕事がメインでした。新規で一から作成していくと、なかなか勝手が分からず、仕様の漏れや認識不足が露呈し、多くの手戻りを起してしまいました。
なんとか完成までこぎつけ、リリースすることが出来ましたが、基本設計や詳細設計といった上流工程が、いかに大切な作業なのかということを思い知らされたプロジェクトでした。

--- オフの過ごし方

天気の良い日には自転車に乗って、風景を見たり、美味しいものを食べたりしに出掛けます。一昨年、念願のロードバイクを購入し、自分でメンテナンスをしながら乗っています。普段の仕事は、椅子に座ったデスクワークのため、運動不足になりがちです。そのため、意識して乗るようにしています。日によって走行距離は変わりますが、最低40kmは漕ぐように心がけています。家からの自走では移動距離に限界があるため、電車や新幹線に自転車を積み、目的地周辺から自転車を漕ぎ始める、いわゆる「輪行」も年に一度は行っています。だいたい泊りがけで行くことが多いです。現地の空気を吸いながら、現地の風景をゆったりと楽しめるのも気分転換になりますし、自転車ならではの良いところだと思っています。

--- 今後の目標

現在は、主にシステムの設計を行ったり、実際にプログラムを書いたりと、システムの機能面に関する業務を行っています。ですが、そのシステムを動かしている環境(OS、アプリケーション)やネットワークの仕組みなどについてはまだまだ知識が乏しいのが現状です。この部分について、もっと深い知識を取得していこうと考えています。そのため、高度な資格取得に向けた学習や、ITに関する最新技術の動向をチェックすることを、日々継続していこうと思っています。

--- 就活生へのメッセージ

今のうちに、自分のストレス解消法を見つけておきましょう。脅すようで申し訳ないのですが、どんな業界であっても、仕事をするということは、楽しいことだけではありません。様々なストレスが降りかかってきます。
近年、「残業時間」という言葉を見聞きすることが増えてきたと思います。残業というものは、非常に大きなストレス要因となる場合があります。社会では、働き方改革を進めている最中ではありますが、残念ながらこの「残業時間」を全く無くすということは、様々な要因によりなかなか難しく、うまく付き合っていかなければならないのが現状です。
従って、仕事を始めるまでに、「これなら一生やっていられる」という、自分なりのストレス解消法をぜひ見つけてみてください。私の場合は、自転車で遠出することです。仕事により前向きに取り組めるようになると思います。