社員メッセージ

海老名支店
通信事業社向けシステム開発(業務アプリ)
M.Y.さん
2016年入社 情報学部

--- ハイテクシステム志望理由について

もともとIT関係に興味を持っていたため、大学は情報メディア科を専攻し、IT関係を幅広く学びました。モノ作りは大変でしたがやりがいや完成したときの達成感を発見することができました。
ハイテクシステムは、地域に根差した多岐に渡るIT分野の事業展開が強みであり、大学時代に獲得したモノ作りへの意欲を地域に社会貢献できる形で活かせると考えました。
プログラミングは慣れていませんでしたが、業務で必要なことは積極的に習得していきたいと考えていました。ハイテクシステムにはそのための研修制度もあり、社員の方々には未経験者に対しても応援するような前向きな社内雰囲気を感じました。

--- 現在の業務について

現在は、通信事業社向けのシステム・ツール開発や既存システムの改修などの作業を行っています。
インターネット通信やWi-Fi通信など、膨大な数の回線を集約して管理するシステムがあり、その改修を行う案件が多いです。
1つのプロジェクトで、システム設計書からコーディング、評価試験まで幅広く携わっています。
チームメンバは3~6人体制で役割分担し、適宜コミュニケーションをとりながら作業しています。

--- 入社して良かったこと。やりがいを感じていること。

大手メーカーの開発プロジェクトに参加している為、SEとしての幅広いスキルが身に付けることができています。また、仕事の仕組みや進め方、問題ヘの対策方法など、仕事としてより良い成果を出すためには?というノウハウを学ぶ環境にも恵まれていて、良いと感じています。
システムの利用者目線で考え、品質の良いものを作るために日々試行錯誤しています。完成させた時には達成感があり、次は更に良いものを作りたいと意気込む原動力にもなっています。

--- 大変だなと感じたこと。それをどのように克服したか。

作成した設計書やソースコードに対して、チームで評価・指摘を行う集合レビューで資料説明を行うのですが、入社1年目の時は、大変でした。まだ業務知識が浅いなかで納得のいく説明が出来ず、苦手意識を持っていました。
悩んだときは、プライベートで趣味に没頭して気分転換をして新たな活力を生み出したり、先輩社員に相談するようにしたことで、苦手に向き合うことができました。レビュー前には不安がなくなるまで「事前準備をしっかり行うこと」を学ぶことが出来ました。
事前に、内容の補足事項を考え、質問を予想して調べておくなどを実施することで、全体に余裕が持てるようになり、業務知識も自然とついてきました。3年目の現在は、レビューに限らず、メンバの貴重な時間を頂く際は、内容を濃くかつ時間短縮するには、どう工夫すれば良いかを模索中です。

--- 今後の目標

3年目の現在は、資料作成や試験などの実質的にこなせる業務量も増え、責任感を持ってミス無く品質を良くする為には?と常に考え実行することで、周りからの良い評価を貰えることも多くなっています。褒められるとまた頑張ろう!と新たな力がもらえます。
今後は、技術者として新しい技術の習得を目指したいです。
現在のプロジェクトは、サーバで動作するアプリケーションに関する開発ですが、その機能の多くは、インフラ(ハードウェアやソフトウェア)と密接に関わっています。より品質の良いシステムにする為にも積極的にインフラ技術への理解を深めていきたいです。