社員メッセージ

千葉支店
リーダー
生産管理システム保守
T.R.さん
2013年入社 知的財産研究科(院)

--- ハイテクシステム志望理由について

就職活動を始めた頃は、IT業界に絞っていませんでした。活動を進めていく中で、適性試験でこの業界に適性があることが分かり、やりたいことが明確でなかった当時、自分が向いていることを仕事に選ぶのも一つの選択肢なんじゃないかと思ったことが業界を絞るきっかけです。様々な会社の説明会を受ける中で、ハイテクシステムの説明会の後、人事担当者に、「ハイテクシステムの雰囲気に合っていると思うよ!」と言われたことが入社する決め手になりました。就職活動はお見合いに似ている、と表現されることがありますが、私はまさにそのパターンだったと思っています。
入社してみると、先輩も同期も後輩もみな私らしさを尊重してくれ、とても居心地がいいです。帰社する度に、入社してよかったと思っています。

--- 現在の業務について

現在、某ゲーム機の生産管理システムのサーバ保守を担当しています。
生産ラインで生産中にエラーが発生したら原因を突き止め、暫定対策・恒久対策を考えたり、サーバのサポート終了に伴う更改の段取りを考えたり、新しい生産ラインの開始に向けて、新モジュールの導入を行ったりと、やることは様々です。
なぜエラーが出ているのか、システムの仕様は分かっていなければいけませんし、新モジュールを追加する際に行うシステムテストでは、テストするためのデータをデータベースに用意することもあります。
システム全体を保守しているので、プログラムやデータベースの知識、ネットワークの知識など、広く知っていなければいけないことが非常に多いので、今後の課題は、今得られた知識をより深めていくことです。

--- 印象に残っている仕事

数年前、某通信会社で社内システムのサーバの維持・保守を担当していた時のことです。
セキュリティ施策の一環で、サーバにセキュリティパッチを適用する案件を主担当として行っていました。
開発環境から本番環境に至るまでの作業手順書の作成や、手順作成のための検証、適用後の動作確認など、実作業から段取りまで本当に色々やらせていただいていました。
しっかり準備したにもかかわらず、本番作業時にミスしてしまいました。サーバは正副で同じものを2台用意するのですが、片側が立ち上がらくなってしまうことがありました。
思い入れが強かった分すごく辛かったですが、とにかく復旧する事を第一に真摯に対応し、時間はものすごくかかりましたが、周りの協力を得て何とか元通りにする事ができました。
その時を思い出すだけで悔しさがよみがえりますが、その経験があったからこそ、入社当時より強く逞しくなれたと自負しています。
後にも先にも、社会人人生の中でおそらく一番であろう大失敗が、印象に残っている仕事です。

--- 就活生へのメッセージ

就職活動は、長い社会人人生で何をやりたいのか、真剣に考える良い機会です。
たくさん考えて悩んでください。答えが出なくてさらに悩むこともありますが、考えること、悩むことが大切で、振り返った時に必ず自分の中でプラスになったと思える時がくると思います。もっと真剣に就活やっておけばよかった、そう思うこともあるかも知れませんが、それが反省点となって次の一歩への足掛かりとなると、身を以て感じています。
私の好きな言葉に、「選択した道が正しかったかどうかではなくて、選択した道を自分自身で正解だったと思えるようにしていくことが大切だ」というものがあります。
今、自分らしく働けているので、ハイテクシステムへ入社したこと、入社してから選択してきた道は、今まで間違ったと思ったことはありません。
就活はあくまで通過点なので、思い通りにいっても、いかなくても、その後の方が大事なので、肩の力を抜いて、頑張ってください。